鳥取大学医学部附属病院

拠点病院 ゲノム医療 血液研修

治療件数
急性白血病 17
非ホジキンリンパ腫 134
骨髄異形成症候群 23
医師数
血液治療担当医師数 7
小児担当医師数 4
血液専門医 6
臨床腫瘍学会指導医/がん薬物療法専門医 ??
関連の専門医師数
緩和医療暫定指導医/専門医 ??
精神腫瘍医 ??

鳥取大学医学部附属病院は「がん診療連携拠点病院」です

がん診療連携拠点病院とは、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、国に指定された病院のことです。
専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者に対する相談支援及び情報提供等を行なっています。

病院を選択する場合は、まずはこのがん診療連携拠点病院か否かというのが一つの判断基準になります。
しかし、がん診療連携拠点病院でなければ絶対ダメかというと、必ずしもそうではありません。バリバリの専門医がいる病院であれば、専門医が一人もいない拠点病院より良い可能性があります。
また、がん診療連携拠点病院であればどこも同じかというと、これも必ずしもそうではありません。同じ連携拠点病院であっても、経験症例数・治療件数に違いもあれば、腫瘍内科医、放射線治療医、緩和ケアチームなどのバックアップ体制も違ってきます。

(地域がん診療病院については、実質的にはがん診療連携拠点病院の要件を満たしていないため、イシュランでは、これらの施設は特に何の表示もしないことにしております。)

鳥取大学医学部附属病院は「がんゲノム医療を受けられる病院」です

がんゲノム医療は、一部が保険診療として、標準治療がないまたは終了したなどの条件を満たす場合に行われています。主にがんの組織を用いて多数の遺伝子を同時に調べる「がん遺伝子パネル検査」を行って、検査結果を基に効果が期待できる薬が見つかることがあります。がんゲノム医療を受けられる病院は「がんゲノム医療中核拠点病院」「がんゲノム医療拠点病院」「がんゲノム医療連携病院」の3種類が指定されています。

「がんゲノム医療中核拠点病院」「がんゲノム医療拠点病院」は、 専門家が集まって遺伝子解析結果を検討する委員会(エキスパートパネル)を開催できるなどの基準を満たした病院です。中核拠点病院では、それに加えてがんゲノム情報に基づく診療や臨床研究・治験の実施、新薬等の研究開発、がんゲノム関連の人材育成等の分野において貢献するなどの基準も満たしています。
「がんゲノム医療連携病院」は、がんゲノム医療中核拠点病院またはがんゲノム医療拠点病院と連携してがんゲノム医療を行う病院です。

鳥取大学医学部附属病院は「専門研修認定施設」です

専門研修認定施設とは、日本血液学会が認定する血液病床を20床以上かつ、血液の専門外来を有しているなど一定の基準を満たした研修施設です。

病院への声

0

この病院の受診経験があれば、感想・情報をお寄せください
あなたの声が他の患者さんに役立ちます

この病院への声を投稿

お世話になった病院へお礼状を送りませんか?

ポスコミ

サンキューレターは、300字までのメッセージ入りのお礼状を病院や医師の方へ送ることができる仕組みです。

メッセージは公開されることなく事務局を経由して病院や医師の方へお届けします。 お世話になったあの先生に面と向かってはなかなかお礼が言いづらい、退院した時に言いそびれてしまった、個人ではお礼状を送りづらい、などはありませんか?

伝えきれなかった感謝の気持ちを私達が代行してお届けします!
(お礼状ははがき郵送サービス ポスコミ を利用してお届けします。費用はイシュランにて負担しております)

サンキューレターを送る

検査・治療を受ける医師をさがす

名前 性別 資格
奥野 啓介
鳥取大学医学部附属病院 小児科
男性 血液専門医 小児血液専門医 血液専門医, 小児血液・がん専門医 604
本倉 徹 2
鳥取大学医学部附属病院 血液内科
男性 血液専門医 血液専門医 604
福田 哲也 5
鳥取大学医学部附属病院 血液内科
男性 血液専門医 血液専門医 604
河村 浩二 3
鳥取大学医学部附属病院 血液内科
男性 血液専門医 血液専門医 604
加藤 雅子 1
鳥取大学医学部附属病院 病理診断
女性 血液専門医 血液専門医 604
鈴木 さやか 2
鳥取大学医学部附属病院 血液内科
女性 血液専門医 血液専門医 604
原 健太朗 1
鳥取大学医学部附属病院 血液内科
男性 604
細田 譲 1
鳥取大学医学部附属病院 血液内科
男性 604
掛江 壮輔 2
鳥取大学医学部附属病院 小児科
男性 604
前島 敦 1
鳥取大学医学部附属病院 小児科
男性 604
川場 大輔
鳥取大学医学部附属病院 小児科
男性 604

※2022年4月時点データ。治療件数は2020年4月〜2021年3月の1年間。※件数は入院のみ(外来は含みません)
写真は各病院ホームページに掲載されているものを使用しています。

医師のさがし方についてはこちら